結婚式で使えそうな無難な余興ネタを考える

鉄板ネタ、ビデオレター

結婚式で余興を頼まれたことありませんか。信頼してくれているからこその以来なのかもしれませんが頼まれた方はなかなか大変ですよね。忙しい合間をぬって準備して、晴れ舞台を汚さぬよう気を配ったり、同世代だけでなく会社の上司から親族がいる式になればなおさらです。そんなときに一番無難なのはやはりビデオレター。自分だけが出るわけではないので責任を分担できるのも気持ち的に楽ですね。感動できるビデオレター例も今はネットに転がっていますから参考にするといいでしょう。

少し体を張って、流行りの一発芸

「ビデオレターもいいけど少し大人しすぎて、もっと盛り上がるやつお願い」もしかしたらそんな要望もあるかもしれません。そんなときは流行りの力を借りましょう。今はやっている芸人の一発芸を自分なりにアレンジしたり、アイドルグループなんかのダンスや歌のコピーなら一人じゃなくて他の人と出来るのでいいかもしれません。この時、誰でも絶対名前くらいは聞いたことのある芸を選ばないと微妙な空気になりかねませんので、どの芸を選ぶかは慎重に決めましょう。

いっそのことプロに依頼するよう頼む

それでもどうしても自分には荷が重い、でも他に適役がいないと言われてしまったときはプロに依頼することを新郎新婦側に提案してみましょう。ウエディングプランナーがついている結婚式ならプランナーが契約している余興のプロなどもいるかもしれません。失敗して式を微妙な空気にさせていしまうよりはプロを雇った方が場も盛り上がりますし安全です。余興が原因で仲が悪くなってしまった、なんていう話も聞きますから安全策をとるのも悪いことではないでしょう。

神戸の結婚式場は山側の式場からは夜景が、海側の式場からは港や海が見え、景色の良い式場が多いのが特色です。また、2次会で使えるお店も多く、遠方からの交通アクセスも良い事から人気があります。

コメントは受け付けていません。