婚約指輪の素材と言えば、やっぱりプラチナ!

日本ではプラチナが定番

欧米ではゴールドが主流ですが、希少価値の高い金属のプラチナは、婚約指輪の素材として日本では圧倒的に支持されていますよね。今ではプラチナの白い輝きによく似たタイプの輝きを放つ、プラチナよりも値段が下がる金属を使った指輪を購入するケースも増えていますが、やっぱり女性からしたら最高級の輝きが欲しいものなんです。ダイヤモンドの輝きとも親和性がありますし、その衰えにくい性質は永遠の愛を約束するために贈る指輪にふさわしいと言えるでしょう。

プラチナは耐久性の高い金属

プラチナが優れているのは外見上の美しさだけではありません。金属としてとっても丈夫なうえに、品質が劣化しないのでずっと着けていたい一生ものの指輪にぴったりなのです。どんなに時間が経過しても色あせない輝きは永遠の愛情の誓いにもこの上なくふさわしいですよね。プラチナは耐酸性に非常に優れているので、指輪を付けたまま洗剤などを使ってもまったくさびたりしません。酸化しないので金属アレルギーも発生しにくいんですよ。

プラチナの手入れの仕方とは?

プラチナは熱にも強いですし、酸やアルカリにも耐久性があります。しかし、硬度はそこまでありませんから、長く使っていると時には瑕がついてしまうこともあるんですよ。そんな時には指輪を磨いてあげるときれいになります。指輪のケアの方法ですが、石鹸を適当な温度のぬるま湯に溶かしておいて、そのぬるま湯を注いである容器に指輪を少しだけ浸しておくだけで構いません。その後で汚れをふき取りましょう。水で石鹸を洗い流したら乾かしておしまいです!

婚約指輪は、色々な大きさがあります。金額が高いほど、宝石の大きさが大きいので、指輪が大きく見えます。

コメントは受け付けていません。