細かい費用を見落としてはいけない

別料金がかかることもある

結婚式の準備では、お金の計算に力を入れるカップルが多いです。予算オーバーしないためですが、見落としがちな費用があることを忘れてはいけません。たとえば、衣装や引き出物を会場外のショップで調達することも珍しくないです。この方法をとった場合、持ち込み料が必要になることがほとんどです。また、カメラマンやヘアメイクも、外部に頼むと別料金をとられることがあります。事前にどれくらいの別料金がかかるのか調べましょう。

結婚式当日も色々な費用が必要になる

また、無事当日を迎えれば、費用が変わることはないと思うかもしれませんが、そんなことはありません。司会や世話役を友人に頼んだ場合、謝礼を渡すのが礼儀です。外部スタッフの食事代や、場合によっては主賓や仲人の車代が必要になることもあります。当日も色々な費用が必要になると言うことを頭に入れておかないといけません。また、スタッフへの心づけが必要な場合もあります。しかし、最近はスタッフへの心づけを不要と強調するところが増えてきました。

結婚式が終わったからと言って

その分はサービス料に含まれています。しかし、心づけと言うのは担当者個人に渡るものです。不要と言われても用意して渡すようにしましょう。相手が辞退しても再度勧め、それでも辞退されたら引っ込めればいいです。また、結婚式が終わったからと言って安心していてはいけません。結婚式後は礼状や写真の焼き増し代、それらの郵送費が必要になります。こう言う細かい費用は見落としてしまいがちなので、注意しなければいけません。

人生最大のイベントともいえる、ご自身の結婚式。旧友が多く過ごす地元で挙げる例が多いかもしれませんが、結婚式場を東京で挙げることで、多くの友人を集めることができますので、ぜひ!

コメントは受け付けていません。